陶芸講座 


山方町の陶芸講座 

今年で2年目、年10回隔週で町の陶芸講座へ行っています。今年はあと2回で陶芸講座は、終わりになります。粘土をいじって器を作るのは楽しいですし、決められた時間内に手びねりで均一の厚さで、形がいびつにならないように作るのは素人では、大変難しいです。陶芸は、建築、衣装と同じで日常生活に密着した芸術であり人間の生活の根幹部分の創造活動です。粘土をいじっていると精神が集中できて講座が終わった後は、さわやかな疲労感があります。趣味としてちょっとはまって来ています。


技法:タタラづくり、葉型(ポーポーの木の葉)信楽粘土、釉薬(石灰に織部) 

Posted: 火 - 10月 19, 2004 at 09:20 午前          


©