無名の彫刻家 


彫刻家・箕口 博 

彫刻家・箕口 博のことについて少し書きたいと思います。 
実は私の叔父なのですが、少なからず私に影響を与えた人です。 
箕口博は、19778月に54歳の若さで亡くなっています。私が高校3年の時でした。それから1980年、東京・銀座ときわ画廊で、箕口博遺作展が開かれいてます。彼は、木彫の抽象彫刻を多く手掛けていますが、仏像彫刻も多く手掛けています。彼の残した言葉の中に「夕に死んで今朝誕生 空気と太陽と娑婆のお情け」と言う言葉があります。 


1976年聖観音


1975年虚 

Posted: 木 - 1月 29, 2004 at 08:58 午後          


©