フランク・ロイド・ライト 


陰影の建築家 

日本が好きな建築家、日本建築に影響された建築家です。1893年シカゴ万国博覧会の日本館をライトはつぶさに見ていた。彼のつくる建築の構造形式にキャンティレバー(片持ち梁)がある。この構造形式に支えられライトの得意とする深い庇の建築デザインが成立している。この深い庇の建築デザインはまさしく日本建築の構造様式のひとつである。庇によって建物は陰影が作り出され、独特の佇まいを見せる。このことがライトの建築と日本建築の共通性をつくり出しいてる。 

Posted: 日 - 4月 18, 2004 at 10:50 午前          


©