自前サーバを立ち上げるまで OS X Server 10.8(3) 


今回は、リンククラブL.P.PからL.D.P(ドメイン取得・管理サービス)に変更、プロバイダーDiXの動的IPアドレスを固定IPアドレスに変更、ダイナミックDNS(DDNS)サービスMyDNS.JPの設定までを書きます。 

プロバイダーDiXのDNSサーバIPアドレスは、動的IPアドレスと固定IPアドレスが有りますが、両方同時に使える訳では有りません。基本は動的IPアドレスで、DiXのDNSサーバ内で固定IPアドレス指定しているらしいです。一応、固定IPアドレスに変更します。





固定IPアドレスにしても、インターネット接続は一カ所です。動的IPアドレスしか持っていない時に利用するダイナミックDNS(DDNS)サービスを利用しなければなりません。私が選んだのは、MyDNS.JP (無料)です。MyDNS.JPで独自ドメインを利用するには、リンククラブのDNS仕向け先設定変更をMyDNS.JPDNS名にしなければなりません。



リンククラブL.P.Pで独自ドメインを取得してあるので、L.D.PDNS仕向け先設定変更とは少し設定画面が違うかもしれませんが、入力する事は同じだと思います。DNS仕向け先設定変更は、DNS名を二つ以上書かなければなりません。
 MyDNS.JPにユーザー登録すれば、MyDNS.JPの設定は簡単です。自分の独自ドメイン名を入力するだけです。



ここで大事な事があります。MyDNS.JPは、一週間以上まったくアクセスがない場合には、DNS情報の生成をしません。ホームページが繋がらなくなってしまいます。MyDNS.JPでは、メールでのアクセスもOKなので、MyDNS.JPPOPサーバにMailを取りに行くように設定します。自前サーバは24時間一日中起動しているので、Mac OS XのMailソフトを立ち上げたままにすれば、5分おきにMyDNS.JPPOPサーバにMailを取りにアクセスします。(POPサーバにはメールは何も入っていないのですが)登録した時にもらったMasterIDとパスワードで設定すれば完了です。



受信用メールサーバは、ipv4.mydns.jp
メールアドレスは、MasterID@ipv4.mydns.jp
それにもらったパスワードです。 

Posted: 金 - 2月 15, 2013 at 07:41 午前          


©