Mac OS 10.8.2にしてX11でkinput2の日本語入力が出来なくなった。 


久しぶりにWineを動かしたらkinput2の日本語入力が出来ない。Wineのアップデートも途中でエラーが出て、出来なくなってしまいました。Mac OS 10.8.2とX11の間で不具合が起きているのでしょうか? 

Mac OS 10.8.2になって、いろいろと不具合が出たみたいで、X11、Xcode、Macportsと次々にアップデートが出て来ました。現在のシステムを以下に書きます。

Mac mini Mid 2011
キーボード Apple Keyboard (テンキー付き - JIS)
Mac OS 10.8.2
XQuartz 2.7.4
Xcode 4.5.1
MacPorts2.1.2
Wine1.4.1

MAC OS10.7WINEを起動させる方法を色々試してみました。』で書いた日本語変換がすべて出来なくなってしまいました。
※私は、UNIXのことは良く知りませんので、以下のように書類を作って動かなくても責任は取れません。自己責任でお願いします。
 まずMacPorts2.1.2をインストールパッケージでインストールします。Wineをアップデートするのですが、アップデート出来ません。Installing Wine on Mac OS X 、『Uninstalling Wine and MacPorts』の設定でWineとMacPortsを完全にアンイストールしないと途中でエラーが出てしまい、Wine1.4.1をインストール出来ませんでした。~/.wineも無くなってしまうので、後でTime Machineで復活させる事にしました。Mac OS 10.8.2では日本語変換の設定~/.MacOSXのenvironment.plistが使えなくなってしまいました。
参照ページ『How to set Environment Variables on a per user basis?』
/etc/launchd.confを作成しなければなりません。launchd.confを作るコマンドの参照ページ
『プロセスを使い果たさないように launchd でリソース制限を管理する』
『Mac X11 - @//メモ』

$ echo "setenv XMODIFIERS @im=kinput2
setenv LANG ja_JP.UTF-8" | sudo tee -a /etc/launchd.conf

上記のように、コマンドを打ってlaunchd.confファイルを作成します。次に10-kinput2.shファイルを作成します。kinput2の前に記入する10-は意味は良く解りません。
参照ページ『Mac X11 - @//メモ』
『Beginning OS X Lion/インフラ整備編』

$ echo "[ test -x /opt/local/bin/kinput2 ] && /opt/local/bin/kinput2 &" | sudo tee -a /usr/X11/lib/X11/xinit/xinitrc.d/10-kinput2.sh

$ chmod 755 /usr/X11/lib/X11/xinit/xinitrc.d/10-kinput2.sh

この二つの書類を作成し起動させましたが、認識はしているみたいですが、kinput2が動く気配はありません。次の参照ページは、いろいろと探してみましたが中々見つかりませんでした。最後に見つけたのが~/.xinitrcを作成する事でした。
参照ページ『SHIMI.Info - ちょっとしたテストと覚え書き』
.xinitrc書類をつくり下記を記述して、~/内に保存します。

#
# ~/.xinitrc
#

kinput2=/opt/local/bin/kinput2
if [ -x "$kinput2" ]; then
$kinput2 -canna &
fi

exec quartz-wm

もう一つの問題、kinput2のかな入力が出来なくなっています。~/.cannaを作り直す事にしました。MacPorts2.1.2でdefault.cannaの置いてある場所が変わりました。
/opt/local/share/canna/default.cannaです。default.cannaをコピーして名前と設定を変えて~/.cannaに上書き保存します。.cannaは上書き保存されず.cannaが二つ出来てしまいました。古い.cannaを削除します。
これでどうにかOSX 10.8.2 Mountain Lion上のX11でkinput2が動くようになりました。


 

Posted: 火 - 10月 9, 2012 at 09:59 午後          


©