黄泉の国の扉 


その人の脳が覚醒される時間 

その人の生まれた時間(何時何分)て、結構大事なのかもしれない。自分自身は、夜中の2時半に生まれたのだけれども(結構お騒がせな時間帯)、よく夜寝ていててもその時刻になると目が覚めることが多いのだけれど、いったん起きてしまうと目が冴えてしまってなかなか眠れないことが多い。黄泉の国からドアを開けて出てきた時間なのかもしれない。脳が覚醒されるような気がする。私はよく夜中に目が覚めた時、アイディア生まれることが多い。それで自分の家族の生まれた時間帯を考えてみると、長女は昼間の110分ごろに生まれている。保育所でのお昼寝の時間帯なのだけれど、お昼寝が苦手らしい。生まれた時間、脳が覚醒されるとすれば結構当たっているかもしれない。次女はまだ小さいのだが、お昼寝が大好きだ。彼女が生まれた時間は午後330分過ぎ、さすがにお昼寝して3時過ぎに目が覚めると機嫌がいい、ところが3時過ぎまで起きてしまうと午後4時半過ぎにならないと寝てくれない。大切な人、家の妻は朝の815分過ぎに生まれたらしい。やっぱり寝坊助で休みの日などは朝の8時過ぎまで寝ている。これって当たっているかもしれない。そう考えると朝6時に生まれるのがベストかな、朝起きると、ぱっとアイディアがひらめくなんてすばらしい。 

Posted: 水 - 5月 23, 2007 at 01:12 午後          


©