水 - 7月 17, 2013

JT生命誌研究館(ホームページ) 


JT(日本たばこ産業株式会社)が運営しているホームページです。たばこの独占販売企業であり、株式の半分以上を国が持っている会社です。『JT生命誌研究館』とても充実したホームページですので、是非BRHカードの無料送付申し込み、BRHメールマガジンの申し込みをすると良いと思います。 

Posted at 10:00 午前     本文を読む  

木 - 11月 15, 2012

LE CORBUSIER PLSNS (ル・コルビュジエ図面集)全8巻 


LE CORBUSIER PLSNS全て発刊されました。以前に4巻買っていますから、残りの4巻を買う事にしました。やっぱり出来る事なら全巻集めたいです。 

Posted at 09:56 午前     本文を読む  

水 - 7月 11, 2012

DESIGN WITH NATURE 「デザイン・ウィズ・ネーチャー」イアン・L・マクハーグ/著 


 私は、この本を知るのがちょっと遅すぎました。初版は1969年に出版され、それから25年後日本語版が、1994年に集文社から出版されたものです。原文の英語版と比較すると日本語版は装丁がイマイチ良くありません。装丁がもっと良ければ日本でも、もっと売れたと思います。 

Posted at 07:43 午後     本文を読む  

月 - 4月 16, 2012

「パタン・ランゲージ」と「時を超えた建設の道」 


たぶん、1995年頃、私は、東京神田神保町の明倫館書店で古本として「パタン・ランゲージ」日本語訳版を買ったと思う。高価な本なので、古本で買うしかなかった。当時、私は独立して1年位、建築をやっている知り合いが、パタン・ランゲージ利用の解説本を持っていて、これは面白いよと言う事だった。 

Posted at 10:41 午前     本文を読む  

木 - 2月 16, 2012

ル・コルビュジエ図面集〈vol.1〉〈vol.4〉〈vol.7〉〈vol.8〉 


Ecehlle‐1 Fondation Le Corbusier () 出版社: 建築資料研究社」、株式会社Ecehlle‐1は、日本人が代表取締の会社で、ル・コルビュジェ財団にある建築設計資料、約35,000点をデジタル撮影したDVD-ROM(16)を丸善出版()から税込84万円で出しています。ル・コルビュジェの全資料としては、高くはないのでしょうが私には手が出ませんし、そこまでル・コルビュジェ研究をしようとも思いません。 

Posted at 10:10 午前     本文を読む  

火 - 1月 13, 2009

建築の構造・鹿島出版会-M・サルバドリー/R・ヘラー共著 望月 重訳 


この本はやはり名著である。 

Posted at 08:33 午後     本文を読む  

月 - 12月 29, 2008

ル・コルビュジェ全集 全8巻セット 日本語版 


ル・コルビュジェ全集 8巻セット 日本語版は、なぜ復刻版が出版されないのだろうか? 

Posted at 02:38 午後     本文を読む  

金 - 8月 11, 2006

LINK CLUB NEWSLETTER 


リンククラブに入会すると送られてくる小冊子(リンククラブニューズレター) 

Posted at 12:35 午後     本文を読む  

月 - 5月 29, 2006

「住む。」について 


季刊誌 住む。 

Posted at 12:18 午後     本文を読む  

木 - 6月 10, 2004

ルイス・カーンの全住宅1940-1974 TOTO出版 


世界初・待望の全住宅作品集 

Posted at 07:39 午前     本文を読む  

月 - 4月 26, 2004

ル・コルビュジェ 建築の詩 


12の住宅の空間構成 富永 讓著 

Posted at 10:11 午前     本文を読む  

月 - 4月 5, 2004

パッシブソーラーハウスの設計技法 


建築の基本、最初に考えなければならないこと 

Posted at 10:25 午前     本文を読む  

火 - 3月 30, 2004

日本の建築 その芸術的本質について 


吉田鉄郎著/薬師寺厚訳 東海大学文化選書 

Posted at 10:16 午前     本文を読む  

金 - 2月 27, 2004

住まいは、生き方 


季刊誌 チルチンびと 

Posted at 07:39 午前     本文を読む  

金 - 1月 30, 2004

村野藤吾和風建築集 


泉岡語録 

Posted at 10:28 午前     本文を読む  


©